肺腺がんの治療では手術できないこともある

病院

肺腺がんになる原因

肺腺がんになる原因としてタバコもあげられますが、タバコを吸っていない人でもなる可能性があります。タバコ以外の原因としては、大気汚染物質やアスベストを大量に吸う環境下にいる、女性ホルモン、肺結核などがあげられます。

肺腺がんで手術を受けられないケース

肺腺がんになっていると分かったときは、手術で取り除くこともできますが、他の臓器に転移している場合や、手術後に肺が少ししか残らない場合、体力のない場合は手術を行うことができません。そのため、放射線治療や化学療法で治療していくことになります。

ステージ4でも末期ではない

がんの進行度合いを「ステージ」で表します。ステージ4と聞くと、末期のように感じる人もいるのですが、実際には末期ということではないので治療を行うことも可能です。

[PR]肺腺がんの治療
施術の特徴を徹底解説!

[PR]乳がん検診を専門医院で受けよう
最新設備を使った検査をしてくれる

[PR]がん治療の相談
先生が治療方針の説明をしてくれる

[PR]ガン治療は免疫療法がオススメ!
施術の流れを徹底解説!

治療法の見極めと定期健診が重要

がんになったときには、あらゆる治療法を試したくなるでしょう。そんなときに効果が出るか怪しい治療をしていたら、その間に進行してしまうかもしれません。医師と相談し、適切な治療を受けましょう。早いうちに対処できるように、健診も受けるようにするといいですね。

がん治療に関心のある人はここもチェック

女医

がんと闘う!【注目の免疫療法について知ろう】

がん治療の中でも注目を浴びているのが免疫療法です。免疫療法とは一体何なのか、どういう人に向いているのかを見てみましょう。

READ MORE
病院

がん治療の種類を知る【治療法の選択幅を広げよう】

がんになっていることが分かったら、がんと闘うためにがん治療の方法にどんなものがあるのか見ておくといいですね。自分に合った治療法を見つけるためにも、参考にするといいでしょう。

READ MORE
診察

20歳になったら乳がん検診を受けよう【乳がんは他人ごとではない】

35歳以下は特に気を付けたいのが乳がんです。乳がんを発症する年齢や、乳がん検診の検査方法などを詳しく見ておきましょう。また、病院を選ぶときの注意点もお伝えしています。

READ MORE
女医

あなたも発症するかもしれない!【肺腺がんは発症割合が高い病気】

肺腺がんは発症割合が高く、性別・喫煙の有無は関係ありません。肺腺がんの症状や治療法などを知って、がん検診への意識を高めましょう。

READ MORE
広告募集中