20歳になったら乳がん検診を受けよう【乳がんは他人ごとではない】
ロゴ

乳がん検診は定期的に受けるのが大切!~35歳以下は要注意~

超音波検査とマンモグラフィの違い

超音波検査

超音波を臓器にあてて、どのように反射が返ってくるかをチェックします。手に触れないほどの小さなしこりも見つけることができます。放射線を使ったり針をさすようなことがないので、身体への負担が少ないと言えます。

マンモグラフィ

乳がんの初期症状である石灰化を映し出すことができるので、早期発見に繋がります。乳房が大きくて深いところまで超音波が届かない人や、閉経して乳腺が委縮した状態の人に向いています。放射線の心配をする人もいますが、影響が出るほどの量ではないので心配する必要はありません。

20歳になったら乳がん検診を受けよう【乳がんは他人ごとではない】

診察

乳がんとは

母乳を作る「小葉組織」と乳首まで母乳を運ぶための「乳管組織」に発生する悪性の腫瘍を乳がんと言います。乳がんにはしこりがあるものだと認識している人も多いのですが、10%の割合でしこりが形成されない「非触知乳がん」もあるので、定期的に乳がん検診を受けるようにしましょう。

乳がんを発症している人の割合

乳がんは日本人女性の悪性腫瘍羅漢率で1位になっているほど、多くの人がかかる可能性があります。現在は14人に1人の割合で乳がんになっていると言われていて、40代後半が特に多いです。35歳以下で発生した場合は死亡率が高いと言われているので、20歳を過ぎたら検診を受けるようにした方がいいでしょう。

乳がん検診の流れ

まずは乳腺外来がある病院や、自治体検診を行っているところの窓口で検診の予約を行いましょう。検針日は問診を行ってから、視触診検査や超音波検査などの画像検査を行って終了です。診断結果が出るのは検査機関によって異なるので、いつ結果が出るか聞いておくといいでしょう。

病院を選ぶときの注意点

体の異常を確実に発見するためにも、病院選びは重要です。家の近くだから、見た目が綺麗だからといった理由で選ばないようにしましょう。また、専門医などの資格があったり、役職が上だったりしても優れた医者とは限らないので、触診や説明時の対応もしっかり見ておきましょう。

がん治療に関心のある人はここもチェック

女医

がんと闘う!【注目の免疫療法について知ろう】

がん治療の中でも注目を浴びているのが免疫療法です。免疫療法とは一体何なのか、どういう人に向いているのかを見てみましょう。

READ MORE
病院

がん治療の種類を知る【治療法の選択幅を広げよう】

がんになっていることが分かったら、がんと闘うためにがん治療の方法にどんなものがあるのか見ておくといいですね。自分に合った治療法を見つけるためにも、参考にするといいでしょう。

READ MORE
診察

20歳になったら乳がん検診を受けよう【乳がんは他人ごとではない】

35歳以下は特に気を付けたいのが乳がんです。乳がんを発症する年齢や、乳がん検診の検査方法などを詳しく見ておきましょう。また、病院を選ぶときの注意点もお伝えしています。

READ MORE
女医

あなたも発症するかもしれない!【肺腺がんは発症割合が高い病気】

肺腺がんは発症割合が高く、性別・喫煙の有無は関係ありません。肺腺がんの症状や治療法などを知って、がん検診への意識を高めましょう。

READ MORE
広告募集中